カーマットを清掃しよう

車の中で一番顕著に汚れるのは、カーマットでしょう。

土足で踏みつけられるのですから当然ですよね。

また素材自体を汚れを目立たなく、またホコリが舞わないように、奥のほうに取り込んで包みこむような物を使っています。

そのおかげで見た目では「ものすごく汚れている」と見えないのですが、実際はかなりの汚れを抱えています。

また雨が降れば水分を含みますし、菌が繁殖しやすい環境ですよね。

洗濯物の生乾きがかなり臭ってしまうように、カーマット臭います。

車の中が臭いなという原因のひとつになっています。

汚れが少ない場合には、水洗いはせずに掃除機などでゴミを吸い取るということでいいと思います。

晴れた日に布団たたきの要領で叩き、天日に当てて乾燥させるだけでもかなりキレイになりますよ。

除菌が出来る脱臭剤を噴き付けておけば、臭いも防止することができます。

汚れが軽い時には、水洗いはあまり必要ないと思います。

生乾きで使っている方が、臭いを発生させてしまいますからね。

プジョー208エコカー減税

汚れが激しい時は

フロアマットの汚れが見た目で激しければ、かなり汚れています。

大まかな汚れは、布団たたきの要領で落としますが、それ以上は水洗いしなければならなくなります。

いわゆる洗濯ですよ。

しかしこの「叩いて汚れを落とす」時点でも、コイン洗車場や自分のうちの前などで行うときには、人様から「なにこの人!」と迷惑がられるほどホコリが出ることでしょう。

そのようになりそうならば、もうマットは叩かずに、そのままお洗濯しかありませんよね。

コイン洗車場には「マット洗浄機」というのがあるでしょう。

これに何度もくり返し通してきれいにするのが、一番手軽な方法だと思われます。

これでも駄目だというときには、高圧洗浄機で水洗いをします。

この時にも水が周囲にヒッチャキ飛ぶことがありますので、注意しましょうね。

汚れによっては、洗剤などを使う必要があるときも出てくるでしょう。

このようにしてお洗濯を行ったマットは、乾くまで使用しないことです。

濡れているものは悪臭を放つようになる可能性があります。

天日でよく干して、乾かしてから使いましょう。

シャツなどでも生乾きだと、菌の匂いがして不快ですよね。

それと同じようなことがフロアマットでも起こります。