おむつ変えた?と人に言ったけど。。。

その当時赤ちゃんだった姪っ子と母を車に乗せていて、「どうも臭いじゃん!」と運転しながら気になった時がありました。

どうも臭い、これはかなり生々しい。。。きっと姪っ子がやりやがったな!と思い、母に「おむつ見てよ!」というと「全然キレイよ」という。

いやいやそんなことはないだろうと、育ってしまっている上の姪っ子3才に向かって、「アンタ、漏らした?」というと「失礼ね!」とタドタドしく怒るので、「いや、自分で気がついていないだけかもよ。パンツ見てごらん。」とシツコク言って「ちょっとくどいじゃん!」と3才のチビスケに叱られ、それでも人ばかり疑っていました。

しかし実際は私がイタラナイ物を踏んでいたわけで、ぎゃぎゃ!だったんですね。

人のせいばかりしていても行けません

とりあえず車を停めて、どこまで被害が及んでいるのか見たのですが、まずブレーキやアクセルのペダル関係は全滅。マットも全滅。

これはどうしたらいいのだと悩みました。

ワゴンRスティングレーの価格

捨てるものは捨てる

靴はクロックスもどき880円也だったので、もうサヨウナラしようと決めました。

ペダル関係はサヨウナラできないし、かと言ってキレイにしないわけにもいきません。

目詰まりも起こしてますしね。

急いでコイン洗車場に車を入れ、靴を水で洗って汚水は下水道に流し、靴自体は捨てることにする。

ペダルの下にプラスチックのトレイを敷いて霧吹きで水をじゃんじゃんペダルに掛け、目詰まりをなんとか洗い流しました。かなり霧吹きはしましたよ。

しかしマット、これはどうしょうもありません。

マットはホコリが立たないようにするために、絡みやすい構造になっています。

ナカナカ取れませんし、それをゴシゴシ洗ってつかうのかというと、使う気にならないというのが正直なハナシです。

洗車場に捨てるのはあまりにヒトデナシなので水洗いだけはして、臭わなくなった時点で袋にくるんで、クロックスもどきと共に家で捨てることにしました。

しかし純正のマットは案外高価なんですよね。

そこでヤッツケをカー用品店で買っておいて、ちゃんとしたものはオーダーすることにしました。

オーダーといえど純正より安いいものからある上に、けっこうオシャレさんなのです。

ただし納期自体が1週間は掛かるので、その間はヤッツケでなんとか考えるのですけどね。