車の内窓のヤニ取り清掃

窓に曇り止めをしていると大変便利ですが、まずキレイにしなければ意味がありません。

特に喫煙する人の車は、ヤニなどがかなり付いていると考えていいでしょう。

このヤニは案外頑固にこびりついています。

喫煙しない人でも、なんやかやで車の内窓は汚れているものなのですよ。

キレイにしている車なのに、なぁんかガラスがね。。。なんて車は良く見かけますよね。

内側が汚れているのでしょう。

泡状のガラスクリーナーや液状のスプレーガラスクリーナーなどがあります。

わざわざ車用を購入しなくても、家庭用のガラスクリーナーも用いることが出来るでしょう。

しかしガラス以外の内装などについてしまった場合に影響を受けることもあります。

商品の裏書にある注意点などはちゃんと読んでおきましょう。

拭き取りる時に雑巾・タオルは拭き跡や繊維が付きますので、あまりキレイに仕上がりません。

化学繊維で作られた吸水セームがこのふき取りには適しています。

合成セームであれば不織なのでタオルのような繊維が付くこともありませんし、拭き取り性能もかなり高いので便利です。

フリードスパイクハイブリッドVSフィットシャトルハイブリッド

ヤニ取りは

泡状のガラスクリーナーを使った場合、1分ほど放置したあと液化します。

どんどん下に流れ始めますので、ガラスのインナーモールに液が流れこんでしまいますよね。

それを防ぐためにインナーモールとガラスの間に、新聞紙を詰めておきます。

液剤は新聞紙に吸収されるため、インナーモールへの染み込みや、他の部分への付着は防止できます。

液を放置すると、酸化しますし、ついた部分を劣化させるのでよくありません。

また車のボディーの拭き取りと同じですが、乾燥させると汚れも取れませんし、新たな汚れになる可能性があります。

そんな時は同じ手順で初めから。。。というのもいいのですが、熱いお湯で軽く絞ったセーム革を使うと 効果的に除去することができます。

大抵の汚れはこの方法で除去することができます。

クリーナーと水拭きが終わったあとは、よく乾燥させて、乾いた布で乾拭き仕上げをすれば、かなりキレイです。

個人的には電解イオン水などが気に入っています。

2度拭きがいらず、拭き跡が残りにくいので結構重宝するんですよ。

ヤニなどは、簡単に取れます。