本革の汚れが取れないときと保護

水拭きでも取れない頑固に汚れや黒ずみは、レザークリーナーを使って汚れを落としましょう。

本革クリーナー自体ミンクオイルなどの油脂で出来ています。

この油脂が革の表面に潤いを与えるものとなり、本革シートがコーティングされていれば、その表面に潤いの薄い被膜を作って保護します。

クリーナーをスポンジにとって、少しずつ使います。

革製品はどれも一緒ですね。

ちょっとずつというのがポイントになります。

いっぺんにたくさんのクリーナーを使って拭くと、縫い目や目地などに入り込んで厄介です。

ちょっとずつクリーナーをつかって汚れを落としたら、乾いたタオルなどで拭き取るという作業をなんども繰り返します。

クリーニング効果だけの商品、保護も出来る商品、クリーニング効果はなく保護だけの商品、レザーシートのお手入れに使われるものにはこれらがあります。

オールインワンがクリーニング効果も保護効果もあるよとうたっている商品ですが、どっちつかず感が個人的には好きではありません。

クリーニング効果はクリーナーから、保護効果はトリートメントから。。。というのが理想だと思っています。

フィットシャトルハイブリッドエコカー減税

仕上げ

革製品に対しては、材質というよりも仕上げ方が製品ごとに違うと考えたほうがいいようです。保管や使用の環境によってに劣化速度も違ってきます。

どういった製品が合うのかは、そのようなことも加味して、まずは目立たない部分で試してみましょう。

汚れを落としたらレザートリートメントを塗りこみます。

この時にクリーナーとはスポンジは別けましょう。

混ざるといいことはありません。

すこちずつ取って薄く塗りこみますが、同じ方向に塗り込むようにしましょう。

またここでも「いっぺんに塗ろう」というのはいけません。

全体的に薄く薄くぬり、2回ほど重ね塗りをすれば完了です。

余計についてしまったものは、乾いたタオルやマイクロクロスなどでふき取ると、艶も出ます。

塗りムラなどはこの時にチェックしておきましょう。

どうしょうもないほど痛んでしまったときは、張替えしかありません。

しかしこれって自分で張り替えるのは、結構難儀なんですよね。

かなり手馴れていないと、キレイに仕上がりません。

シートの張り替えの専門店、ディーラーに依頼するのが順当かと思いますが、じぶんでシートを分解して型紙をとってみたりすれば、自分で出来ないこともありません。

実際にそうしている人もいますよ。