エアコンの臭いの原因

エアコンの臭いは車内の匂いで最も気になるものだと思われます。

エアコンの臭いの原因はいくつか考えられ、そこを改善するとかなりニオイは軽減します。

ニオイの原因はフィルターとエバポレーター、ダクトなどが挙げられます。

カーエアコンは家のエアコンと一緒で、フィルターに埃などの汚れが溜まればカビが発生しますし、そこがニオイの原因になります。

また外気循環時させると排気ガスなどもニオイの原因になりますし、内気循環すれば人間自体のニオイ、ペットがいればそのニオイ、またタバコを吸うならタバコのニオイ、これらが吸着、蓄積してしまいます。

これは嫌なニオイが発せられる原因になるんですよ。

アルファードハイブリッド

エバポレーターの掃除が重要

またエバポレーターに汚れもニオイの原因になります。

圧縮されたエアコンガスを気化させて冷却される部分をエバポレーターといいます。

冷たい空気はこの場所に空気を通すことで除湿されて、作り出されます。

除湿することは、結露を利用するものです。

よっていつでも水分が付着している状況にあるんですよ。

エアコンをすっと使用しているならいいのですが、使用を終えた時が問題です。

エバポレーター付近の温度が上昇すれば、カビが生えやすい環境となます。

カビは悪臭を生みますよね。

悪臭が発生するようになっても、使用ていれば臭いは一時的に消えます。

しかし再び温度が上がったり1度使用を止めると、使いはじめに臭いがするようになるのです。

エアコンフィルターが装着してると、少々軽減されます。

しかしそれがないと外気の埃やゴミ、内気循環の汚れがダイレクトにエバポレーターに蓄積します。

これはカビを発生させる原因。

そしてエアコンの使用時に臭いがでる原因になってしまうのです。

またエアコンのオンオフが激しいような車の使い方だと、エアコンダクトの内部に結露が生まれます。

それはカビの発生を促しますよね。

ニオイの原因となります。

このように車のエアコンまわりというのは、ニオイを発生させる原因がたくさんあるのです。

またカビが生えるような環境は、ダニを発生させるような環境でもあります。

このようなことから、車のニオイが気になるときは、エアコンの清掃は必ず行うべきものです。